• 旅行、株主優待、ときどきジャニーズJr.



先日はじめてLCCのPeachを利用したのでその感想を残したいと思います。

ANAのマイルを貯めている都合上、飛行機を選ぶ時はスターアライアンス加盟航空会社であることを優先するようにしているため、LCC含め他のアライアンスはあまり利用する機会に恵まれませんでした。

しかし今回は急に決まったため、マイルの利用が間に合わず、どうしたものかと考えていたところ、伊丹じゃなくて関空にすればPeachがあるのでは!と突然思い付きました。

 

Peachを予約してみた

 

今回の利用区間(関空→仙台)を早速HPから予約してみると、

3990円?????

疑いつつもクリックを続けていくと、

 

 

3,990円に空港使用料や手数料が加算されて、4,940円

これが最終のお支払額とのこと。

あまりの安さにまだ半信半疑で、結局この疑いが晴れない気持ちは搭乗直前まで続いたのですが、結果、本当に4,940円しかかかりませんでした。

 

ただしLCCは予約状況や時期によって値段は変動しますし(実際、前日の同区間最終便は12,000円くらいした)預け荷物があったり、隣同士にするためなど座席指定をすると、もうちょっと高くなります。

さっそくLCCの洗礼を浴びて、今までとは何かが違うフライトに気持ちが高まりました。

 

Peachの拠点、関空へ

 

 

実は関西国際空港へ行くのも初めてで、空港自体が好きな私はとてもワクワクしていました。
フライトは翌日の早朝だったこともあり、関空内にあるファーストキャビンに宿泊することに。

 

せっかくなので早めに着いて空港を探索しようと思っていたものの、自分の失態のせいで空港に着いたのは22時近くになってしまいました。

 

眠い目をこすりながら少しだけウロウロ。

広くて素敵な空港です。

もっと歩き回りたいですがまた今度のお楽しみにします。

 

宿泊するファーストキャビンは1タミと繋がっているエアロプラザにあります。

そこからPeachに乗るには2タミにバスで移動します。

移動にはバスの時刻もあるので10分-15分くらい見ておけば良いかと思います。

バス停の場所も確認したところでファーストキャビンへ向かいこの日は終了。

 

 

いよいよ搭乗

 

 

思いの外ファーストキャビンで熟睡しすっかり元気になりました。

バス停へ向かい、2タミへ出発~。

 

 

2タミは天井が高く、とても大きいプレハブ小屋のような感じ。
中はまだまだスペースがあるので、将来的にはもっとLCC会社が入るのでしょうか?

 

まずは、印刷した旅程表を使ってこちらで搭乗手続きをします。

 

 

旅程表のバーコードをかざすだけで簡単に出来ます。

印刷された搭乗券を持って、手荷物検査へ進みます(預け荷物がある場合はカウンターへ)。

機内に持ち込める手荷物は2個までです
スーツケースは重さもサイズも決められているので注意が必要です。
検査場の前に係の方が居てチェックしているようでした。

 

2タミのお土産物屋さん。

 

 

個人的にはエアロプラザのお土産物屋さんよりもこちらの方がラインナップが好きでした。

他に見るところは特に無かったので、すぐに手荷物検査に向かいました。

 

手荷物検査を抜けるとこちらにもお土産物屋さんが。あと飲食店もありました。

 

 

待合室は一部机もありますがほとんど腰掛です。

カラフルで可愛らしい腰掛がたくさん!日本の空港の待合室じゃないみたいです。

またこの日は寒波が来る直前でとても寒かったのですが、こんなにだだっ広い空間なのに全然寒くなかったのが印象的でした。

 

定刻通りに搭乗案内があって、搭乗券のバーコードを読み込むパソコンしかない簡単なゲートをくぐり(別にこのくらい簡素な感じで問題ないんだよな~と思った)歩いて飛行機へ向かいます。雨とか天気が悪かったら大変そう…。

 

 

座席指定をしていなかったためか、後ろの方の席が指定されていました。

まだ後ろの数列は空いていたので、前から順番に詰めて席を配置しているのかなと思いました。

ちなみに人が居なくても席を移動してはいけませんというアナウンスがありました

 

 

膝と前の座席との間隔はこぶし一個分くらい。
私は狭いとは感じませんでしたが、背の高い男性は窮屈そうで少し通路にはみ出てました。
座席幅もいつもの飛行機と一緒でした。

椅子は革張りふかふかタイプで座り心地も良かったです。

 

そしてテイクオフ

 

他のキャリアよりも注意事項などの機内アナウンスがしっかりしていました

何よりびっくりしたのは、突然、男性の声で「ここはディ○ニーだったかな?」と思わせるようなとても素敵な英語のアナウンス(録音)が流れたことです!

まるでこれからアトラクションに乗るかのような気分になって、テンションが上がってしまいました。

 

 

何の問題も無く到着。

到着後の機内アナウンスでは「ほんま、おおきに」と言っていたりして、ここでも関西色を感じさせてくれてなんだかほっこりしました。

降りるときには、たまたまなのか女性限定のプレゼントを頂きました。
とっても香りの良いシャンプーとお洗濯用のアロマジュエルでした!

 

 

Peachは制服も可愛いし、機内誌も若い女性向けって感じでポップに作られており、いつも乗る飛行機はわりと男性向けだったり年齢層も高めな方向けの仕様になってたんだな~と気付きました。

かと言って特段サービスが簡略化されている訳でもないし、特別文句が多くない人なら何の不自由も無く利用できると思いました。

 

LCCのイメージが変わった

 

なんとなくLCCには不安を持っていました。

この「なんとなく」には、定刻で飛ばないとか、よく欠航するんじゃないかとか、安全なのかとか、サービスが悪いんじゃないかとか、座席が狭いんだろうとか…

LCCが出来た頃のイメージがそのまま残っていて、積極的に使おうという気持ちが無かったです。

今回はじめて乗ってみて驚いたのは、全然フツーに運行したことでした

定時運行だし、座席も狭くないし、CAさんも普通だし、無料のドリンクは出てきませんがこの価格で乗ってるんだから当たり前だし、本当に遜色ありませんでした。

 

でもやっぱりイメージというのは怖いもので、帰って来てから両親にも勧めてみましたが、安くてもLCCはね~…という感じでした。

欠航や遅延は別にLCCじゃなくても起こることだし、LCCじゃなくても感じ良くないサービスもあるし…。

このなんとなく不安なイメージが払拭できたら、もっと就航地が増えて気軽に出掛けられるようになるんじゃないかなと思いました。

 

まとめ

 

今回はじめてLCC・Peachを利用してみての感想は、

・信じられないくらい安い(時期・予約状況による)

・ちゃんと定時運行だった

・座席は狭くない

・座席指定と預け荷物には追加料金がかかる

・空いている席があっても移動できない

・LCCじゃない航空会社とおおむね遜色ない

ということでした。

 

Peachの定時運航率ランキングは他のキャリアに比べると低いものの、8割は定時運行出来ているようです。

ほぼ大丈夫でしょうが、これをみるとやはり仕事や乗り継ぎの時に使うのは少し不安も

今回乗ってみて低価格なのに普通に良かったので、Peachさんにはぜひランキングが上がるように頑張って頂きたいです!

今後はスタアラにLCCの選択肢も加え、旅行の幅を広げていきたいと思います。

 

追記:

ピーチとバニラ・エアが2020年までに統合するとの報道がありました(2018/3/16)。

この2つのLCCはどちらもANA傘下なんですね…!素人すぎて今頃知りました。

ANAも絡んでいるとは他人ごとではなくなりましたが、この先LCC業界はどうなっていくのでしょうか…。

 

 


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。