• 旅行、株主優待、ときどきジャニーズJr.


今回のポルトガル旅行では初めてアパートメントを利用しました

昨年のキューバ旅行Casa(カーサ≒民宿)という宿があることを知り、今回試してみることに!

アパートメントは、

  • 建物はホテルと同等
  • サービスはCasaと同等
  • ホテルから人的なサービスを省いた感じです

ホテルに比べてアパートメントの良い点・不足点を比較してみます

1.良い点はコスパと設備の充実性

  • 料金の割に部屋が広い
  • 部屋にキッチン、ランドリーが設置されたところもある

2.不足点は人的サービスがないこと

  • 24時間制のフロントはない
  • 施設それぞれの受付方法、鍵の受渡し、セキュリティである
  • 部屋の掃除、タオルの交換がない
  • 基本的に人的サービスはない(要望があれば対応してくれることも)

3.でも決して不便には感じなかった

サービスが無いとはいえ、削っているのは人的サービスのみ設備はホテルと同等です

なのでアメニティなど通常使用するものは案外揃っています

色々設備が充実していても『実は使っていない』というモノが多いですね(^.^)

4.ホテルでもアパートメントでも宿泊税(Occupancy Tax)がかかる

1人1泊あたり1 €~2€の宿泊税(Occupancy Tax)がかかります

  • リスボン(Lisboa):1€
  • ポルト(Porto):2€

次にアパートメント利用で経験したトラブル2つを紹介します!

5.レイトチェックインの際のカギの受渡し方法について連絡来なかった話

アパートメントはエクスペディアで予約しました

アパートメントの管理人は10-18時しか居ないのでレイトチェックインの場合は事前に連絡する必要がありました

エクスペディアの予約画面を通してアパート管理人宛てにレイトチェックインの旨を伝えると、管理人から定形文らしきメッセージが来ていました

  • ホテルじゃないから24時間受付はない
  • 緊急時はエマージェンシーコールがある
  • あなたのフライト番号教えて

すかさずお返事しました

  • フライト番号
  • ホテル到着が夜12時過ぎになるよ
  • 電話はできないけどWi-fiがあればメールは受取れるのでキーの受渡し方法を教えて!(^∧^)

しかし、その後管理人からの返信がありません

出発前夜にアパートメントの公式HPにもダイレクトメッセージ(お問合せ)を送りました

それでも管理人からの連絡はありませんでした

いよいよ困ったので、出国の数時間前エクスペディアのコールセンターに連絡したところ、エクスペディアからアパートメントに国際電話で対応してくれて事なきをえた・・・という話です

カギの受取方法は乗継のアムステルダムの空港に到着した時点で確認できました(´ω`)

エクスペディアから個人メールに連絡があり『管理人ではないけど警備の人がいるのでレイトチェックインができます』とのこと・・・ホッとしました

エクスペディアの担当の方のお陰で安心してホテルに向かえました<(_ _)>
親切にご対応くださりありがとうございました!

6.アパートメントの宿泊費を2重払いしていた話

アパートの宿泊費は全て予約時に支払済でした

ややこしいことに、同じアパート内で部屋を移る形で予約していたので、最初に泊まる部屋は一旦チェックアウトした後に、午後になってから別の部屋のために再チェックインする必要がありました

その再チェックインの時に(予約時に支払済なのに)後半の宿泊分の請求があった・・・という話です

再チェックイン時に

私『すでに後半の宿泊費も支払済ですよね?

管理人『いいえ、未払いだよ

私『(おかしいな・・・でも予約時に支払済だったかどうか覚えてないし・・・)』

仕方なく、とりあえず支払うことに

帰国後、改めて確認するとやはり予約時に支払済で、1泊分多く支払ってしまいました

フロントが混んでいたのでアパート管理人にも混乱があったのかもしれません\(゜ロ\)(/ロ゜)/

アパートの管理人に2重払いの返還を願うメールを送ると『支払確認の書類を送って』とのこと

言われる通り確認書類のファイルを添付してメールすると、管理人から『返金するから口座番号教えて』とのこと

このままでは振込手数料を負担させられそうなのでクレカ会社に連絡しました

クレカ会社側にも同様の確認書類を送ったところ、無事にクレカで返金されました

AMERICAN EXPRESS様、その節はありがとうございました<(_ _)>

7. まとめ

色々とトラブルはありましたが、コレも思い出です

このアパートメントはとても素敵だったので、次にポルトガルに行く時も利用したいです(^o^)


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。