• 旅行、株主優待、ときどきジャニーズJr.

ロシアの移動手段と言って思い浮かぶのは鉄道旅ではないでしょうか

ということで、ヘルシンキからモスクワへの移動は憧れの寝台列車のトルストイ号(Tolstoi)を利用することにしました!

1.列車の予約方法について

寝台列車トルストイ号(Tolstoi)を利用します

フィンランドの国鉄VRのサイトで購入しました

1等室、2等室があったり、男女別室、男女同室があったり分かりにくいところがあったのでまとめました

以下、予約の手順です

2.列車(出発日時)の選択

旅程に合わせて列車を選択します。

ここでの入力・選択事項

①出発地
②目的地
③出発日時(往路)
④乗車人数(大人・子供)
その他、ペット同伴や自転車等の持ち込みがあれば下のオプション欄で選択します

3.VIP室、1等室、2等室はどんな違いがある?

次に部屋を選択します

まず、部屋のベッド数で1等室、2等室に分けられます

  • 1等室(VIP室も):2人部屋(1人使用 or 相部屋を選択可)
  • 2等室:4人部屋(基本的に相部屋)

(逆に2人用を1等室、4人用を2等室と考えるとわかりやすいです)

また、シャワー&トイレの有無によりVIP室かそれ以外に分けられます

  • VIP室:部屋の中にシャワー&トイレがあります
  • VIP室以外の部屋:シャワー&トイレが共用で

なお、VIP室以外の部屋の大きさは1等室も2等室も同じくらいの大きさでした

つまり、同じ大きさの部屋にベッドが2つあるか4つあるかの違いです

部屋を選択すると、料金が表示されます。

maruyukiは1等室のVIP(風呂トイレ付)を利用

事前情報が少なく、乗ってみるまで詳細は分からなかったからです

とりあえず一番いい部屋にしてみようということに

結果、個室、シャワー・トイレ付き、夕食 or 朝食付、水・ジュース付きでした

専用の車掌さんが居ていろいろお世話してくれました

VIP室に乗ってみた感想

内装が予想よりもレトロな雰囲気でとても素敵でした

あの空間でみた車窓からの朝焼けは忘れられません

少々高額でしたが思い切って乗って良かったです(*^_^*)

4.部屋の数を選択

ここでは部屋(Compartment)の数を選択します

『One Person Compartment』はツインルームのシングルユースのこと

ここでの入力・選択事項

⑥1等室かVIP室かをプルダウン選択
⑦1人部屋(ツインのシングルユース)か相部屋(ツインのツインユース)かを選択
⑧料金確認
⑨座席選択へ

電車の指定席を選ぶのと同じです
選択した内容が表示されているかを確認します

VIP室は先頭車両で4部屋のみです

VIPの料金概算

  • ツインのシングル使用:約300€(約39,000円)
  • ツインのツイン使用:約435€(約56,500円)

maruyukiが乗った時は貸切でした

絶対乗りたい!という場合は早めの予約が良さそうですね

5.お支払い手続き

部屋とその数を選択したらあとは予約者の個人情報を入力します

パスポート情報も必要ですね!
お支払い前の予約内容を確認しま。

バウチャーの受取り方法を選択します

  • E-mailにPDFが送付される方法
  • 現地の券売機にて、本人確認パスワードを照会して打ち出す方法

後者はJR新幹線のえきねっと受取りと同じ要領であり、現地の在住者向けかと思います(^_^;)

私たちはメールアドレスを入力してPDFによるバウチャー受取りを選択!

なお、複数人数分を予約した場合、以下の受取方法を選択できます

  • 代表者にまとめて送付
  • 同乗者それぞれに送付
バウチャーの受取りはお好みで選択してください
あとはカード払いするだけ

6.バウチャーが添付されたメールが届きます

バウチャーがPDFで添付されて届きました
予約した内容のとおり記載されています(^o^)/

これで終了です~

チケットは現地の窓口で見せるので印刷して持っていって下さい!

意外と簡単にサクッと予約できました

直前だと料金が変動するみたいなので、旅程が決まったら早割で予約するのがおススメです~


コメント一覧

返信2018-11-28 22:22

【ムーミン好き必見】タンペレ(Tampere) のムーミン美術館&市内散策 – maru-yuki blog16/

[…] (基本的には方トルストイ号の予約法と同じです。) […]

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。