• 旅行、株主優待、ときどきジャニーズJr.


1.ディズニーリゾートの食事処

ディズニーリゾート上海での食事を紹介します。

園内のレストランは少し割高なので私たちは園外のディズニータウン(Disney Town)で食事をしました。
夜10時頃まで営業しているのでディズニーを楽しんだあとも食事ができて助かります。

参考までに、メニューの『例』は皿で、『扮、腕、汤』はスープやお椀の料理をイメージすればよさそうです。


Disney Town モール風になっています
ディズニータウンのマップ

 2.上品なレストラン 翡翠(ひすい、Crystal Jade) 

注文した料理は?

  • 小籠包(4個で28元)
  • 四川担々麺(48元)
  • 茹でた青菜を醬で(68元)

3.南小館(The Dinning Room)

チェーン展開しているレストランで、上海市内、香港などにもお店があるカジュアルレストランです。

こじんまりした入口ですが、奥に広いです

注文したものは?

  • 麻婆豆腐(32元)
  • 餠と青菜とチキンの炒め物(39元)
  • 麻辣スープと肉包み(36元)
麻辣スープはとっても辛いです(;’∀’)

お餅を炒めた料理は見慣れないですが、ニンニクが効いていて美味しかったです。麻辣スープの口直しに注文しておいてよかった~((+x+)

4.新旺茶餐庁※(Xin Wang)

※お店の名前の『庁』の字は正しくは上の点が無しです。
2階建てで、2回訪れました。

注文したものは?

  • 牛肉ピリ辛麺(68元)
  • 卵と青菜のスープ(42元)

牛肉のピリ辛麺が美味しかったです。
卵と青菜のスープは優しい味付けのコンソメ風のスープです。塩味の付いた卵は少しクセがあるかもしれません。

5.フードリパブリック(Food Repubric)

いわゆるフードコートです。
各店舗では現金やクレカは使えず、利用方法にひと手間あったので、参考になればと思います。

支払い方法は2通り

  • プリペイドカードを作る
  • スマホのバーコードで決済する。

後者は『Wechat』というアプリでの支払い方法で、日本でいう『LINE Pay』みたいなものです。
We chatを利用するにも電話番号によるSNS認証が必要なので、日本人の場合、後者のバーコード利用は難しく前者のみになろうかと思います。

プリペイドカードの作り方

店の隅にあるサービスカウンターのスタッフに希望の金額の紙幣を渡すとカードを作ってくれます。そのうち10元はカードの返金可能なデポジット(保証金)です。
例えば100元を渡せば90元分が利用できます。

※私たちは80元の買い物をした後に20元のワンタンを、頼もうとしたら「残金が不足してます」と店員さんから翻訳アプリで知らされました(^◇^;)

プリペイドカードは返金可能!?
ワンタンは諦めてサービスカウンターで返金できるかまさ試したところ、なぜか22元が返金されました( ´θ`)

  • カードの残金は3年間有効
  • デポジットは返金してもらえる
  • 有効期限が切れても10元支払うと復活できるよう

注文したものは?

  • 羊肉の串焼き 20元(4本で1セット)
  • 鶏肉炒めのプレート 40元
  • 小籠包 20元
店内の様子

どれも安上がりで美味しいです。
1軒のレストランに比べると質は少し落ちます。
羊肉の串焼きは香ばしくぷりぷり食感で美味しいですが、ニオイにクセがあり、ワキガっぽい臭いがします。苦手な人はダメかも・・(;’∀’)
小籠包はどこでも美味しいです!

6.スターバックス(STARBUCKS COFFEE)

営業時間

  • 7:00~22:00
  • 金曜、土曜は22:30まで
2階からの眺めが素敵です

個人的にスタバは価格帯が高いので普段は利用しません。
が、チョコマフィンに惹かれて入店てしまいました。
元々が美味しいのですが、店内の雰囲気の中で食べることで美味しさ5割増し!と感じました。

チョコレートマフィンが濃厚で美味しかった~

7.おまけ

ディズニー園内でポップコーンを食べました。
園内で食べたのはコレだけ。

キャラメルポップコーンは美味しいですね。

8.まとめ
  • お腹がすいたら園外のレストランがお手頃です。
  • ファストパスもあるし、敷地内からの出入りが自由なので計画的に食事ができます。
  • 小籠包はハズレがありません(自己調査で(*’▽’))

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。