• 旅行、株主優待、ときどきジャニーズJr.


1. VRサイトでの予約方法

鉄道会社のVRのサイト(https://www.vr.fi/cs/vr/en/frontpage)で予約しました。

いくつかの予約サイトがありますが、代理店だと手数料等含めて2倍近くかかるのでご注意。

基本的にトルストイ号の予約方法と同じ流れです。

①1等席か2等席か選択

出発・目的地を入力し、1等席か2等席かを選択します。

1等席の料金は2等席の2倍は行かないまでも1.5倍程度は高額になります。

②座席のタイプ選択

座席を選ぶ前に、1ステップ挟みます。それは

前へならえの席』か『お見合い席』か

  • Regular seat: 前へならえ
  • Opposite 又は、face to face seat: お見合い席

日本では見かけない画面でしたので紹介しました。

③座席選択

あとは『SELECT SEATS』を押し、画面上で座席を選択するだけです。

ロシア→フィンランド方向の場合、座席選択はできません。

寝台列車とは違いますので男女の別や相部屋などの選択はありません

maruyukiの予約例

  • 出発地:サンクトペテルブルクのヘルシンキ駅
  • 到着地:ヘルシンキ中央駅
  • 昼前出発の2等席
  • 58€(約7700円)

約400㎞(東京~京都の距離)を1人あたり3900円でした。安い!

※乗車日1か月くらい前に予約しました。

次に当日、列車に乗るまでの段取りを紹介します。

2. 出発地であるサンクトペテルブルグのヘルシンキ駅がわかりにくい。

サンクトペテルブルクにある列車駅のヘルシンキ駅は、メトロのヘルシンキ駅と同じ建物にあります

ただし、建物内では繋がっていないのでメトロの駅を一度出て、壁伝いに右回りすると列車の駅に到着します。

(道路を渡った向こうに駅舎らしい建物が見えますが、駅ではありません。

3. 駅の構内に入ります。

手荷物チェック

駅構内に入ると手荷物チェックがあります。

キャリーケース、リュックなどの手荷物をX線検査機に通します。

チェックイン

次にカウンターでパスポートバウチャーを見せてバーを通過します。

ホームへの移動途中に小さなDuty Free Shopがありました。

4. いよいよ列車に乗り込みます。

まず列車番号と、行き先を確認します。

予約した車両番号と座席番号を確認し着席します。

キャリーケースは座席上の物入れ、またはドア付近の空きスペースに置きます。

5. 列車内の様子

座席の様子

2等席を予約しました!
参考までに一等席

1等席だと食事付きなのかな!?

2等席で日本の新幹線指定席くらいです。

各座席には足置き、充電用コンセント、ゴミ袋があります。

足置きがあります
レストランのメニュー 赤い料理が気になります(゜o゜)

車両内の設備

トイレウォーターサーバがあります。

5. 乗車後まもなく出国の手続き

列車に乗れたら‥

座っているだけ‥?

確かにそうなのですが、出国・入国審査が各座席で行われます。

①まずは出国審査

②どんなこと聞かれるの?

以下の質問でした。
「どこへいくか?」
「ヘルシンキのあとはいつどこへ?」
「ヘルシンキではどこに滞在するか?」

③はピンクの髪のお姉さんがやってきました。

Money Exchange?」と言って回ってきます。

見た目で判断してはいけませんね、両替の方でした。

④少し経ったら入国手続き

国境を越えて最初の停留所のVainikkalaに到着します。

「TULLI」と書かれた制服をきた入国手続きの人がやってきました。

以下を聞かれました。
「あなたの手荷物はどれ?」
「どこへいくのか?」
「税関申告分するものあるか?アルコール、タバコ…」

どこも入国手続きは厳しいですね。

パスポートを見せてスタンプをもらいます。

列車のイラスト入りのスタンプです。

国境越えが陸路(列車)か、空路(飛行機)かでスタンプのイラストが違いました

今回は列車だったので、列車のイラスト入り。かわいい!(#^.^#)

入国審査時のアナウンス内容

  • 食堂は一旦クローズされ出発すると再開する
  • 無料Wi-Fiは続けて使える

6. 食堂車(BISTRO ALLEGRO)の様子

車内にはキオスクの様な注文カウンターがあります。

そこで注文、お支払い、Eat INTake OUT等を伝えます。

料理がすぐできる場合はその場でお渡し。

温めるなど時間がかかる場合はテーブルに持ってきてくれます

何を購入した?

一番美味しそうなコンソメのサーモンスープを注文するも売切れでした。

そこで11.9€の高価格スープにもかかわらず人気です。

仕方なくベジタブルボルシチスープ8.9€を注文

パウチのスープを器に移してレンジでチンするだけです。

激しい赤色が味を予想させてくれません。

クリームチーズとパンがついてきました。

チーズ無しだと味気ないブイヨン味です。

クリームチーズを溶かすとぐっと美味しくなり、あっという間に完食でした。

めでたくボルシチデビューできました(^o^)

食堂車利用時の注意点

食堂車を利用する場合、人気のメニューには限りがあるのでお早めに。

食堂の一部の商品(スナック、コーヒー等)は、カートによる車内販売もあります。

6. 列車内でネットは使えるの!?

↓のようにWi-fiの設定画面はあるものの私たちの乗車時には利用できませんでした。

無事にヘルシンキに到着しました。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。