• 旅行、株主優待、ときどきジャニーズJr.


 

2018年6月15日公開の映画『空飛ぶタイヤ』を観てきました。

 

映画『空飛ぶタイヤ』

  • 主演:長瀬智也(阿部顕嵐(あらん)〈Love-tune/ジャニーズJr.〉出演)
  • 監督:本木克英
  • 原作:池井戸潤
  • 歌:闘う戦士たちへ愛を込めて(サザンオールスターズ)

 

yuki氏に誘われ公開初日に行きました。

平日にも関わらず結構な入場者数でした。

恥ずかしながら予備知識が無いのでタイトルを見てもあまりピント来ず、空飛ぶじゅうたんくらいのイメージでした。

 

本作品の概要 <ネタバレ注意>

 

しかし、上映冒頭でトレーラーから脱離した150kgのタイヤが宙を舞い、歩行者にぶつかろうとした瞬間、とんでもないタイトルだなとゾッとしました。

本作品の概要

  • 主人公は、長瀬君演じる運送会社『赤松運送』を経営する赤松社長(2代目)です。
  • ある晴れた日に運送中のトラックのタイヤが脱離し、死亡事故が起きてしまった。
  • 運送会社の整備不良とされた赤松社長が、大企業の自動車メーカーの欠陥を暴くために奮闘するというストーリー

半沢直樹と同様に、ためてためての一発大逆転劇です。

 

話の展開が分かっていても、映画の中における逆転の瞬間は全身に鳥肌が立つような演出でした。

これまでに映像化された池井戸作品は、空飛ぶタイヤ以外観ているので映画化が決定してからとても楽しみにしていました。

しかもこれまで応援してきた顕嵐君が出演するとあっては尚更のことです。

 

 

阿部顕嵐くん(ジャニーズJr.Love-tune)の活躍は?

 

顕嵐君は赤松運送の整備士として働く門田俊一(かとだしゅんいち、愛称:モンタ)を演じます。

モンタはイマドキの若者で、あまり感情を表に出さず、どこか掴みどころのない性質は顕嵐くんにピッタリの役柄と思いました。

顎のラインがシュッとしているのが特徴の顕嵐君の顔つきは、映画の中では少しぷくぷくしているように感じました。

映画中のモンタの声が可愛いというのはyuki氏の感想です。

 

顕嵐君の出演シーンは序盤、終盤にあり露出は少なめでしたが、モンタの仕事ぶりやプライベートを掘り下げられる役でした。

加えて、口には出さないがぶつけどころのない怒りを表現するシーンなどしっかり存在感を出していました。

特に序盤ではタイヤの脱離を起こしたトラックを整備したのはモンタで、ハナからその整備不良が疑われます。

しかし、まもなく同僚の働きでその疑いは晴れるわけですが、疑った上に即解雇を言い放った赤松社長が

間違っていたことを謝罪しにモンタの家を訪れるシーンがあります。

 

その時に、モンタの家から出てきたのは!?

 

赤松がモンタの住むアパートの戸をノックすると出てきたのは、きれいな若い女性(池上紗理依)。

・・彼女?‥と同棲してる?

・・おまけに妊娠している!?

映画に入り込んでいたのでアイドルの顕嵐君が彼女と同棲している上に結婚までしちゃうの⁉︎と…

 

これまで顕嵐君を応援してきているので、頭では理解しているものの映画と現実が混同してしまい、ちょっとショックでした

このシーンで顕嵐君は、『まだ何処か頼りないけれど、これから父親になり、家族を守ろうと決意した若者』を見事に演じていました。

また、彼女は俊ちゃんと呼ぶモンタのことをしっかりアゲるグッジョブをしてくれます。

赤松は、モンタの彼女からモンタが家族に”自分が赤松のことを尊敬し、ずっと付いて行くんだ” と話していたこと知ります。

 

ストーリーの展開は?

 

さて、事故の原因が赤松運送の整備不良であれば今頃逮捕されてる頃なのにまだ警察から反応がありません。

  • 整備不良の証拠を挙げられない!?別の原因が!?という展開に

そして群馬でも似たようなタイヤの脱離事故の存在を知った赤松は神に向かってつばを吐くような疑念を抱き始めます。

  • トレーラー自体に構造欠陥があったのか!?
  • 大企業のホープ自動車の調査が本当に正しいのか!?

そこで自分たちでも事故原因を調査しようと動き出します。

 

ここは長瀬君と顕嵐君のキャラクターのコントラストが光るシーン

 

赤松に戻ってきてくれと言われた後、初めてのモンタの登場シーンです。

整備課の谷山(六角さん)から、原因を調べようにも事故車両の車軸に係る部品が未返却であると言われます。

仮にその部品の点検漏れがあれば、法定外項目であろうと赤松運送の責任にされる…赤松は不安の表情です。

 

しかし、その不安はモンタ自作のチェック表による点検記録に救われます。

モンタは法定項目以外に『部品(ハブ)の摩耗及び亀裂』という項目を自作してチェックしていたのです(モンタ偉い!!!)。

モンタが十分な整備をしていることを知るや否や赤松は安堵の表情です。

一方、モンタはクビになりかけたことは忘れている!?ようなケロッとした表情

ここは赤松の表情の浮き沈み、長瀬君と顕嵐君のキャラクターのコントラストが光るシーンだったなと思います。

 

正義感の強いディーン・フジオカさん演じる沢田課長が登場

 

赤松は、ホープ自動車マーケティング戦略課、課長の沢田宛に、事故調査に関する問い合わせを受けますが、沢田は済んだ話だと無視を続けます。

ところが、ある時、沢田は品質保証部の態度に疑念を抱き始めます。

この辺りから大企業だろうと悪い慣習は正すべきだという沢田の正義感の強い性格が見えてきます。

ある時沢田は、知人を介して品質保証部だけの機密会議、通称T会議(タイヤのT)の存在、品質保証部が部品を返却していないこと、さらに最悪なことに役員ぐるみで部品の欠陥報告を隠蔽(リコール隠し)していることを知ります。

そして事の深刻さに気付き、ようやく赤松と面会をします。

そして部品の返還を約束する誠意を示す(金で丸く収める)ために保証金として1億円を提案します。

 

モンタの終盤シーンは?

 

資金繰りに苦しむ赤松運送では、専務の宮さん(笹野高史さん)からモンタたち従業員に再就職先を紹介します。

しかし、モンタ含め他の従業員は『最後の1人になっても、社長についていく」という強い意志を示します。

そして従業員とその家族のためにと目の前の保証金を受け取ろうか悩んだ赤松ですが、人が一人死んでいるという現実から目を背けず、保証金を断り徹底して戦うことを宣言します。

 

その間にキレ者の沢田の存在に危険を感じた黒幕、常務取締役の狩野(岸部一徳は沢田を別の部署へ異動させ、沢田には事実上何もさせないという首輪をつけます。

何とか最善の策を探そうとしている沢田と赤松とが接触できない状態になり、いよいよ赤松も万事休すかという展開に。

 

ところが、諦めようとしなかった赤松に大きな転機が訪れます。

 

数年前に起きた富山でのトラック事故について、赤松はある決定的な証拠を掴みます。

これをきっかけに事態は急展開します。

これまでホープ自動車の一方的な調査結果を正しいものだと鵜呑みにしていた警察でしたが、その疑いの目はホープ自動車に向けられます。

そして、ついには財閥系巨大企業への一斉家宅捜索が開始されることに!

 

その様子を赤松らと共にテレビで見ていたモンタは、「(よっ)しゃーーーっ!!(よっ)しゃーーっ!!」と力の入った両手ガッツポーズ

自分たちが間違っていなかったことが示された大逆転の瞬間の口火を切ったのは、なんとモンタでした…!!!

続いて従業員達の歓喜の声が続き、顕嵐君の感情がピークに達したシーンでした。

 

「空飛ぶタイヤ」のグッズ販売は?

 

冊子820円

  • 単行本用のブックカバー700円
  • キーホルダー800円
  • ボールペン700円
  • ホープ自動車のピンバッジ 500円
  • クリアファイル350円

公開初日にもかかわらず、ボールペンやキーホルダーはラスト1点でした!

 

 

文庫本(上・下) 各745円

普段は全く本を読まないですが、原作を読んでみたくなり文庫本も購入してしまいました。

それも上下巻で800ページに渡る作品です。

登場人物が多いので、いきなり原作を読むのはハードルが高いのではないかなという印象です。

読書慣れしていないですが、次々登場する人物を映画と重ねて読めるのでスイスイ進んでいます。

 

 

感想:この映画、ネタバレしても楽しめるので必見です。

 

本作品の結末は『大逆転』すること。

そう分かって観ていても、登場人物が多くて人間関係が交錯している上に割とテンポ良く話が進むため、ストーリーの理解を深めるために2回鑑賞しました。

今の世の中、ウソや多少の悪いことだらけだと思いますが、胸を熱くさせる映画でした。

 

また、俳優陣の蒼々たるや…観る者を飽きさせません。

終始、『赤松!諦めちゃだめだ!』『沢田!何とか助けてあげて!』と心の中で応援しちゃいます。

そして、辛くても家には美人妻の史恵(深田恭子)が居て可愛い息子が待っているので赤松も頑張れたのだと思います。

 

黒幕の狩野の大悪玉感や品証部長(木下ほうか)の中悪玉感も若干コミカルなシーンもあり、適役だったと思います。

サザンの歌も、ほっとした逆転劇の後なのでスっと入ってきて、映画館を出てから鼻歌が止まりませんでした。

 

この映画、結末が分かっていても楽しめるので必見です。

赤松の大奮闘、銀幕デビューを果たした顕嵐くんの活躍、見事な大逆転劇を是非映画館でお楽しみください!!

 

 


コメント一覧

返信2018-06-20 21:31
返信2018-07-17 21:36

舞台「何者」を観に行ってきました@天王洲 銀河劇場② – maru-yuki blog16/

[…] 読書が苦手なmaru氏が映画『空飛ぶタイヤ』を見た後に購入した文庫本を読み終えてしまったので、次の本として購入。 […]

返信2018-07-22 15:18

【充実のSFJフライト】スターフラーイヤーズに初搭乗!@羽田ー北九州便 – maru-yuki blog16/

[…] 最近のサザンの『戦う者たちに愛を込めて』も入ってました。 […]

返信2018-07-22 15:21

【充実のSFJフライト】スターフライヤーズに初搭乗!@羽田ー北九州便 – maru-yuki blog16/

[…] 最近のサザンの『戦う者たちに愛を込めて』も入ってました。 […]

返信2018-10-25 10:34

JAL便でモスクワへ・デザートはハーゲンダッツのJAL機内限定フレーバー – maru-yuki blog16/

[…] ついに、6月に封を解かれた映画『空飛ぶタイヤ』が機内でも反撃開始しました。 […]

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。