• 旅行、株主優待、ときどきジャニーズJr.


 

はじめに

 

これまでにmaruyukiは、クルマで、北海道の左半分一周の旅(2016年春)、日本海側の府県縦断の旅(2016年夏)を敢行し、長距離移動に自信を付けてきました。

 

2018年のGWはそれらの経験を活かし、満を持して九州をぐるっと回ってきました。

佐賀県長崎県には時間の都合で寄れなかったので、一周とは言えないのですが(/ω\))。

 

九州は独特の地形をしており、今まで旅してきた日本とは違う景色がたくさん広がっていました。

風光明美なドライブコースもたくさんあるので、ぜひ皆さんその足で(クルマやバイクで)九州を感じてみませんか。

 

 

総走行距離は約2,700 ㎞(18府県走破)/8泊9日

 

『九州一周の旅』の旅程は以下の通りです。

内容が盛りだくさんになったので、詳細は宿泊地の項目にリンクが付いてますので飛んで頂けますと幸いです。

 

1.太平洋フェリー(仙台→名古屋)きそ編

2.倉敷せとうち児島ホテル@岡山県

3.おにやまホテル@大分県・別府温泉

明礬温泉、狭霧台、九重”夢”大吊橋@大分県

大観峰、阿蘇山ドライブ@熊本県

4.ホテルグレイトフル高千穂@宮崎県

高千穂神社で夜神楽@宮崎県

高千穂峡・荒立神社・天岩戸神社@宮崎県

栃又の棚田・シロクマ@宮崎&鹿児島県

5.町屋旅館 一富士旅館@熊本県・新温泉

球泉洞、大黒ラーメン@熊本県

6.ドーミーインPREMIUM下関@山口県

角島大橋・秋芳洞@山口県

7.コンフォートホテル堺@大阪府(記事は無し)

8.太平洋フェリー(名古屋→仙台)いしかり編

 

この旅を終えての感想

 

まずは、九州を甘く見ていたことを反省しました。

九州を満喫するには各県1日ずつ見積もって、1週間は欲しかったです。

 

そもそも九州一周がどのくらいの距離かというのは、ネットで調べても人によってまちまちでした。

正確なところは分からなかったのですが、だいたい1,000 kmと某知恵袋に載っていたのを参考にしました。

 

maruyukiのペースだと、観光したり寄り道したり食事を楽しんだりするには、1日300 km走行するのがちょうど良いことが経験上分かっていましたので、3-4日で一周する計画を立てました。

しかし、実際は常に半日ほど押してしまい、佐賀県と長崎県は泣く泣く諦めました。

 

スケジュールが押した理由を考察すると、

単純に高速道路で移動するのではなく、風光明媚なドライブコースを走ったりしたので、それだけでも相当な寄り道になっていたことに気が付きました。

(これは行く前に気付けたはず)

 

九州は観光地も多く、また風景も素晴らしいとくれば、ついつい立ち止まって撮影したくなってしまいます。

 

 

でもそうこうしていると、宿に到着するのが遅くなり、寝るのも遅くなり…。

 

つまり、寝坊による出発時間の遅れが押した原因と考えられました(まるでどうでしょう軍団…)。

 

九州一周は確かに1,000 kmくらいですが、1,000 kmでは周り切れないというトリック…!

九州さんの魅力(魔力)にまんまとはまってしまいました。

 

また、ドライブは天候にも左右されますので計画は余裕を持って立てて、ぜひ旅を満喫してください!

いつか九州一周リベンジします。

 

 

 


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。