• 旅行、株主優待、ときどきジャニーズJr.



天気が良かったので『ハバナバスツアー(Habana Bus Tour』を利用することにしました。

 

1.巡回ルートについて

 

T1ルートとT3ルートがあり、それぞれ30分、40分間隔で循環しています。

  • T1ルートは旧市街のセントラル公園から革命広場、ホテルMELIA HABANAの最終ポイントまで行ったあと、同じルートを帰ってきます。
  • T3ルートはセントラル公園からカバーニャ要塞の方を回ります。
T1ルート 革命広場方面を回ります
T3ルート ハバナの東方面、カバーニャ要塞方面へ

 

2.バスの乗り方

 

予約は不要です。セントラルパークにやってきたバスに乗るときに1人10cucを支払い、チケットを受け取ります。

以前は特にチケットに日付等は記載されなかったようですが、2018年1月現在は、日付を記入されたチケット(一日乗り放題)が手渡されます。

私たちはT1ルートに乗ってみました。

 

海岸沿いを走るときは潮が飛散してきます。この日は特に荒れていたのかもですが、

顔がベタついたり、カメラのレンズがベトベトに汚れるので注意してください。

 

また、右側に座っている方は沿道の木の枝にぶつかりますので気を付けてください。

 

私たちはセントラルからホテルMERIA HABANA(↓)を通って、復路(2度目)の革命広場で降りてみました。

バスが30分間隔で巡回しているため、1度降りた場合は、30分単位で次のバスが来ることを考えると行動しやすいかなと思います。

 

かといって降りる人はあまり多くなくて、往復ともずーっと乗りっぱなしの方もいて、それでも風を感じながらハバナ一帯を楽しめるツアーです。

 

3.革命広場(Plaza de la Revolucion

 

ココは、よくガイドブックにあるチェゲバラ氏、カミーロ氏の肖像が拝めるところです。

 

広場には何もなく、だだっ広い敷地があるだけです。

 

白くて背の高い建物がホセ・マルティ記念博物館で、なんと敷地入場料(Outside)1cucが必要で、階段の登り口でおばさんが回収していました。

また建物の中に入る(Inside)のに別途料金5cuc(学生は半額)が必要です。

yuki氏がトイレだけお借りしたいと係の方に話したら、切迫した様子を見かねて中に無料で入れてもらえました。助かりました。

ホセ・マルティの記念博物館の階段でOutsideへの入場証

 

Outsideは少し高い位置にあり、ゲバラとカミーロの肖像を同時に拝めるので写真のロケーションは良好です。さらにハバナの街も見ることができました。

 

4.マレコン通りを通ってセントラル(旧市街)に戻ります。

 

また潮を浴びながら戻ります。

 

5.ラ・ボデギータ・デル・メディオ(La Bodeguita del Medio

 

夜、街をぷらぷらしていたら、賑やかな通りを見つけたので行ってみました。

ここは、ヘミングウェイが通っていた有名なバーでした。

バーの奥にはレストランもあります。

カテドラルの近くにあり、黄色い看板が目印です。

 

お店の中にはヘミングウェイの直筆も飾ってありました。

みんな集まっていたので有名なモヒートを注文してみます(5cuc)。

一度に作れる量には限りがあるので、出来上がると、みんな我先にとお金と引き換えにグラスを持っていきます。

 

 

ミントの葉っぱにたくさんの砂糖を入れたグラスにラムが豪快に注がれます。

最初は草っぽかったのですが、砂糖の甘さに助けられぐいぐいと飲みきってしまいました。

砂糖は甘ったるくなくて、すっきりとしていてもう一杯飲みたかったです。

 

6.おまけ 通りのアイスクリーム屋さん

 

yuki氏の情報によると旧市街に美味しいアイスクリーム屋さんがあるというので、初日からそれらしいアイスクリーム屋さんを探していました。

しかし場所が分からず、このお店がその人気店なのかは分かりませんが、最終日だったのでエイヤっと入ってみました。

 

お酒の後の口直しに無難なチョコを注文したのですが、塩チョコレート味で、う~んでした。

 

ハバナ観光をを終えて、明日は帰国します!

 


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。