• 旅行、株主優待、ときどきジャニーズJr.



ホセ・マルティ空港(Aeropuerto Internacional José Martí)に到着しました。

 

1. イミグレーション(入国審査)

イミグレーションでは機内で記入した入国カードトラベラーズカード、パスポートを提示します。

宿泊先や旅行保険のことなど何一つ聞かれませんでした。

メガネを外すように指示され、設置されたカメラで写真を撮られると何事もなく入国審査終了です。

 

2. 手荷物はなかなか出てこない。

前情報のとおり、手荷物が出てくるのは遅かったです。

ただ、すぐ出てくる人もいればなかなか出てこない人もいるようでした。

参考までにプライオリティタグをつけてもらっていたyuki氏のカバンは10分程、maruの荷物は出てくるまで30分以上かかりました。

到着に5時間の遅れが出て、さらに到着した先でなかなか荷物が出てこないのでは疲れ切った乗客の皆さんがイライラするのも仕方ないことです。

 

3. 荷物を持って出る時に入国カードを提示します。

機内で記入した入国カードを提出すると半分切り取られ、残り半分を返されます。返された分は出国する時に提出するんだとか・・ほんとに必要なのかな。

 

4. 空港~ハバナ市街へはタクシーで25cuc

空港を出るとタクシー乗り場があります。

空港の外はがらんとしていて、TAXI以外に選択肢がなさそうな感じがします。

黄色いタクシーが目印です。他のはボラれるそうです。

乗り場で手配していたおじさんに「市街までは30cuc」言われましたがガイドブックに書かれていた相場の「25cucでいいか?」と値切ったところあっさりOKでした。

実際に運んでくれるドライバーさんにも「25cucだよね?」と聞きましたが、ウンとも言われず、荷物を乗せてくれました。不安が残るまま空港を後にします。

早朝でしたがタクシーが何台か待機しています。

空港から暗い道を5分ほど、大通りを20分ほど走ってホテルに到着しました。

25cucを渡すと屈強なドライバーさんは満面の笑顔で『Happy New Year!』と言ってさよならしました。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。