• 旅行、株主優待、ときどきジャニーズJr.


 

1.フルハウスで有名なフィルモアストリート(Fillmore St.)へ

 

海外の人気テレビ番組『フルハウス』で有名な‥

『フルハウス』のオープニングシーンに5軒のかわいい家が登場します。

このシーンはフィルモア通りアラモスクエア(Alamo Square)で撮影されています。

 

今日はフィルモア通りを歩きながらアラモスクエアに向かいます。

 

フィルモア通り行きのバスに乗車

ユニオンスクエア近くのサター通りから出ている8番のバスにのります。

バスの乗り場は↓ココ

Sutter St & Stockton St

 

日本人街を通過

あまり治安が良くないと聞いていた日本人街という区域を通過します。

昼間なので危険さは感じませんが、確かに若干雰囲気は違います

 

ジャクソン通りで下車。

フィルモア通りは坂になっているので、下りながら散策できるように坂の上側で下車しました。

 

『Kiehl’s』という人気のコスメショップ

ハンドクリームが50gで14ドル、100gで21ドルくらい。

リップクリームはスティックタイプで9〜10ドルとちょっとお高めです。

 

フィルモア通りとパイン通りの交差点にあります。

 

カフェ『GROVE』

『Kiehl’s』と同じ交差点のすぐ近くにカフェ『GROVE』があります。

木調の店構えで平日昼間からたくさんのお客さんで賑わっています。

地元の人の行きつけになっている感じです。

 

パンケーキとカフェラテを注文。

屋外にもテーブルが出ていて気持ちよく寛げそうです(#^.^#)

 

サター通りまで下って来ると、街の雰囲気が変わります

 

 

2.21番のバスに乗り、アラモ・スクエア(Alamo Square)に向かいます。

 

スッタ―通りからバスに乗車

フィルモア通り-スッタ―通りの交差点のバス停から21番のバスに乗ります。

フィルモア通りをずっと下ろうとしましたが、途中の注意区域を通過するためにバスに乗りました。

 

ヘイズ通り下車

アラモ・スクエア(Alamo Square)に到着です。

フルハウス』のロケ地となったタナー家はスタイナー通り沿いにあります。

 

ブリティッシュ調のカラフルに連なったお家

 

 

3.今HOTなGLBTの街カストロ(Castro)へやってきました。

 

カストロの街並み

ユニオンスクエアからFライン1本で10-15分程度で来られます。

カストロ(Castro)に着くと、鮮やかな街並みが飛び込んできます。

カラフルは建物が軒を連ね、レインボーカラーの路面がオシャレです。

 

img_4620

 

 

カストロの劇場

1960年代のクラシックな雰囲気を残した建築デザインになっています。

 

img_4617
カストロの劇場

 

 

GLBTの歴史博物館(History Museum)

 

img_4627
意外にもこじんまりした構えでした。

 

『Reviella cafe』で休憩

店先のオープンルーフでお茶するのが人気みたいです。

いろんな人が仲良さそうにしてます。

 

img_4626
カフェラテは5ドルくらい。

 

 

4.ミッション・ドロレスパーク(Mission Dolores Park)

 

ミッション・ドロレスパーク

カストロからバス(Muni)に乗って、ミッション・ドロレスパーク(Mission Dolores Park)に来ました。

本を読んだり、音楽を聞いたり、居眠りしたり…お酒を飲んでいる人もいます。

 

img_4628
週末になると公園が人でにぎわそうです。

 

ちょっと小高い丘の上に立つと、サンフランシスコのダウンタウンを見渡すことができます。

 

チャーチ線(18th St & Church St)が来ない。

公園入口にチャーチ線の乗り場があります。

10分後と20分後にきます』というお知らせはあるものの、数分おきに待ち時間が延長されます。

電車がなかなか来ないのでゆとりのある計画をφ(..)

 

 

5. おまけ

 

ミッション・ドロレス公園からピア方面への移動

やっときた電車でヴァンネス駅(Metro Van Ness Sta.)まで行きます。

地上に出て54番のバスでピア方面に向かいます。

 

グレース大聖堂

カリフォルニア線に乗ると途中でグレース大聖堂を通ります。

 

 


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。