• 旅行、株主優待、ときどきジャニーズJr.


0. アルカトラズ島って?

 

アルカトラズ島は1930年頃から30年間程、罪人の留置所として使用された監獄島です.

留置環境がよく、アルカトラズ島への移動希望がある程だったそうです。

しかし、食糧や水を運ぶ維持費がかさむため、ある年に閉鎖されました。

 

現在は政府認定の船便だけが往来できるそうです。

 

 

1.Alcatraz.comでアルカトラズツアーを予約

 

ガイドブックに書いてあったAlcatraz.comのサイトで予約します。

レギュラーコースは1人37ドルです。

早朝便は少し割引ナイトツアーは少し割増の価格です。

 

サイトでの予約の手順

  • 参加するコースの日程時間帯を選択
  • メアドなどの連絡先クレジットカード番号を入力
  • 予約の確認メールが届く

 

私たちはツアー当日の朝、13時半出発のツアー予約をしました。

 

 

3.アルカトラズ島への行き方

 

Powell駅から路面電車のFラインに乗ってPier33まで向かいます。

昨日、交通チケット7日用を買ったので電車もバスも気兼ねなく乗れました。

 

 

降りる駅は『Tour Terminal』です。

ビルの前の駅で人だかりがあるのですぐわかります。

 

乗船場に到着

予約制ですが人気ツアーのため参加者がわんさかいます。

乗船まで30分くらい並びました。

 

出発します!(^0^)/~

高速ボートなので結構なスピードです。

 

海から見たサンフランシスコの街。

 

約20分でアルカトラズ島に到着!

 

澄んだ青空とは対照的におぞましい雰囲気が漂ってます。

 

 

4.アルカトラズ島に上陸!

 

下船すると兵隊の恰好をしたガイドさんが、楽しそうに注意事項を話しています。

注意事項の概要は以下のとおりです。

  • 島内のトイレやお土産屋さんの場所の案内
  • 音声ガイド等の場所の案内
  • 最終便が18時30分だからそれより遅くならないでね。(←最重要!)

 

 

5.島内の回り方は?

 

島内見学の所要時間・歩く距離

ゆっくり見学して2時間、さらっと全部見て1-1.5時間です。

見学に約1.5km歩きました。

 

坂道や階段を歩くのでスニーカーがおススメです。

 

音声ガイドに沿って見学

スタッフに言語を伝えると音声ガイドのセッティングをしてくれます。

音声ガイドの一時停止や早送り、巻戻しボタンで自分のペースで回れます。

音声ガイドに沿った見学コースとなっていて分かりやすく工夫されています。

 

 

6.留置場の様子は?

 

罪人の拘置所としては(といっては失礼なのかもしれませんが)整った環境だな、という感想です。

 

留置場は3階構造になっています。

 

懲罰によっては真っ暗な部屋を与えられ、その部屋での遊びは暗闇の中での『ボタン拾い』だったとか。

改善がみられると明るい部屋であったり、読書ができたりという好条件の部屋に移ったんだそうです。

 

海の向こうにサンフランシスコの街が遠くに見えます。

 

泳いでサンフランシスコに戻れそうな距離な気もしますが、生きて脱獄できた囚人はゼロだったそうです。

 

野球などをする娯楽用の広場

島内での野球イベントがあると、みんなずいぶん前から楽しみにしていたんだとか。

 

ツアーの感想

拘置所に収容された罪人がどのような生活をして過ごしたのか?当時の施設を見学して回ることができます。

観光は半日程度ですが、混み具合なよってはもう少し時間がかかるかもしれません。

今度はナイトツアーに行ってみたいな。

 

 


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。